自然治癒力 育毛法 血行編

 

生え際がM字にあがってきたり、頭のてっぺんが薄くなってくると、まずは皆さん育毛剤を探すようですが、残念ながら育毛剤を付けるだけでは予防や対策は不十分です。

 

ここでは、薄毛になる原因の一つである毛根への血行不良を、体の中からの自然治癒力を上げる育毛法について述べたいと思います。

 

育毛剤や頭皮のマッサージで毛根への血行促進をする方法は、今や一般的になっていますが、その方法は、いわゆる一時しのぎということは否めません。

 

毛髪は血余(中国語で髪という意味)とも言われるように、からだの大切な所から栄養が使われていき、最終的に余った栄養が髪を作る毛根に行きます。
このことから、栄養バランスのとれた食事を心がけることが重要ですが、加齢とともに栄養が毛根に行き渡りにくくなります。
つまり、血行不良を起こして薄毛が進行するようになるのです。

 

頭皮の血行促進のための自然治癒力 育毛法

まず、血行が悪くなる人は、体の中の循環が悪い、血の巡りが悪くなっています。

 

生え際や頭頂部の薄毛になっている人は足や手の先が冷たくないですか。
どちらか、または両方ともに冷え性になっているのではないでしょうか。

 

足を温める

足湯

 

自然治癒力を高めるには、足の先の血行を良くする必要があります。

 

まずは、足が入るような湯桶を用意します。
出来ましたら、2つ用意しましょう。

 

一つは40度から45度(冬の場合)の温度のお湯を入れます。
もう一つは水を入れておきます。
温度は夏と冬では変わりますので、ご自分で調整してください。

 

まずは熱いお湯に15秒足湯します。
続いて、水の方に15秒足を浸けておきます。
要は熱いお湯と冷たい水で交互に足をつけて、血行を良くするわけです。

 

これを4,5回繰り返します。
これを毎日行うだけで、自然治癒力が高まり、育毛のとってもプラスに働きます。

 

足先の血行不良は体全体の血行も悪くなりますので、この足を温める方法も行うようにしましょう。

 

手先を温める

育毛剤塗布

手の先の毛細血管への血行も滞ると体全体の血行不良を招きます。

 

手指が冷たいと感じる方は足湯と同じ方法で熱いお湯と水に15秒づつ交互につけることも自然治癒力 育毛に良いことですので、試してみることをお薦めします。

 
TOPへ