薄毛の原因 その他

 

リダクターゼという還元酵素によりテストステロンがDHTに変身することにより、頭髪の成長を抑制するということが、薄毛の大きな原因ですが、その他にもたくさんあります。

 

ストレス

 

仕事等の人間関係や環境の変化など、ストレス社会といわれる現代では、その影響から逃れられることは出来ません。
過度なストレスは食欲不振・睡眠不足となって表れ、体の新陳代謝のバランスが崩れることにより、育毛促進の妨げとなります。

 

飲酒

 

チョットくらいのアルコールの摂取は、血流をよくしますので問題ではありません。
アルコールの過剰摂取によるシステインやメチオニンというアミノ酸がアルコールの過剰摂取により、肝臓に回されてしまうために、毛髪を作る分のシステインやメチオニンが回ってこないということが薄毛の原因に繋がっています。
ですので毛髪生成にシステインやメチオニンをまわすために、アルコールの過剰摂取はやめたほうがいいというわけです。

 

 

目の使い過ぎは生え際の薄毛を誘発

 

目の疲れが生え際の薄毛の原因という説もあります。
視神経を使うことにより、額から生え際が常に緊張した状態でいるために血行不良や頭皮が硬く張ってしまいます。

 

頭蓋骨の成長

生え際をはじめ頭の皮膚は25歳ぐらいで成長は止まりますが、頭蓋骨は本当に少しづつですが、成長します。
そのために骨の回りを覆っている頭皮は引っ張らられることにより硬くなります。
頭皮が硬いために血管が押し潰されて、栄養が運びにくくなり育毛には良くないのです。

 

脂漏性脱毛症

一般的にホルモン作用によるものが主な原因とされていますが、それ以外に栄養のバランスの悪化や過剰なストレスといったものが非常に大きい要素として関わってきていると思われます。余分な角質、毛穴の詰まりの原因になります。

 

不規則な生活・食生活・嗜好品

日本人の食生活は急速に肉食中心の欧米化されたものに変化しました。
また、暴飲・暴食や偏食、インスタント食品や着色量・防腐剤の氾濫など、コンディションを損なって当然です。また、タバコの吸い過ぎも血管を収縮させるために、血行不良を招き、毛乳頭への血液の流れが悪くなります。

 

誤った手入れ法

シャンプーやリンス、トリートメントの使用方法の誤りやドライヤー、ワックスやパーマ、ヘアカラーなど過度なヘアケアは髪そのものにダメージを与えます。

 

紫外線による頭皮の角質が太くなることも、マイナスです。

 
TOPへ