薄毛対策ガイド

薄毛対策ガイド

薄毛対策ガイド記事一覧

育毛剤の効能を最大限にいかしていますか?毎日続けることは中々出来ることではありませんので、ここに書いていますことを全て毎日しなくてもかまいません。しかし、育毛剤はつけたり、つけなかったりでは、まったくの無駄になってしまいますので、まずは毎日つけること(できたら朝、夜2回)を最優先してください。育毛剤のつけ方まずは育毛剤や育毛トニックのつけ方ですが、右のように頭皮から離して塗布する方が多いようです。...

生え際の育毛成功するには頭皮の環境を良くして髪の毛が生やしやすくする。毛根の血行を正常化し、毛乳頭、毛母細胞を活性化させる。身体の内部から髪の発育環境を整える。このように三位一体での育毛方法が必要です。ここでは生え際の頭皮環境の活性化について解説いたします。生え際の頭皮は写真のように角質が厚くなっています。ちなみにコチラは同じ薄毛ですが、頭頂部の画像です。(どちらもシャンプー、育毛処理後です)上記...

生え際の頭皮を活性化@-角質をはがすで角質をはがすについて解説しましたが、こういった頭皮用クレンジングに於いても、中々角質がはがれにくく、毛穴が開きにくい方がいます。特に生え際、M字ラインは角質が厚くなりがちですので、毛穴は塞がりがちです。また、年齢を重ねると顔のたるみと同等に頭皮も下に引っ張られてきますので、弾力性が失われ、どうしても毛穴が閉じかげんになります。その対処法には、シャンプーマッサー...

育毛効果をあげるためには、薄毛の原因を探ることが第一歩です。最近、抜け毛に悩んでいる、これ以上薄くなりたくない、生え際の髪を復活させたい。そういう思いのある方は、まずは薄く、細くなる原因を知り、効率的な育毛の方法が出来るようになりましょう。薄毛の原因はストレス、頭皮の毛穴の詰まり、血行不良、過度なシャンプー、紫外線、不規則な生活や食事等、多岐に渡るわけですが、ここでは、男性ホルモンについて説明しま...

生え際がM字にあがってきたり、頭のてっぺんが薄くなってくると、まずは皆さん育毛剤を探すようですが、残念ながら育毛剤を付けるだけでは予防や対策は不十分です。ここでは、薄毛になる原因の一つである毛根への血行不良を、体の中からの自然治癒力を上げる育毛法について述べたいと思います。育毛剤や頭皮のマッサージで毛根への血行促進をする方法は、今や一般的になっていますが、その方法は、いわゆる一時しのぎということは...

抜け毛を引き起こす原因として、生活習慣の乱れも大いに関係あるのですが、特に食生活が重要な役目を果たします。脱毛の原因であるストレスやタバコ、紫外線、古びた食材等からは、細胞や血管壁を傷つけてしまう活性酸素が発生しやすくなります。健全な髪の毛には、細胞の活発な分裂が必要です。活性酸素に勝つためには抗酸化物質をしっかり取り入れましょう。減らした方がよい食物まずは減らした方がよい食物について説明します。...

リダクターゼという還元酵素によりテストステロンがDHTに変身することにより、頭髪の成長を抑制するということが、薄毛の大きな原因ですが、その他にもたくさんあります。ストレス仕事等の人間関係や環境の変化など、ストレス社会といわれる現代では、その影響から逃れられることは出来ません。過度なストレスは食欲不振・睡眠不足となって表れ、体の新陳代謝のバランスが崩れることにより、育毛促進の妨げとなります。飲酒チョ...

育毛の豆知識、毛髪を知ろう生え際から徐々に薄くなる脱毛ですが、最初のうちは髪が少なくなった訳ではなく、実は髪の本数はほとんど変わっていません。髪が細くなったために、全体的に透けて見えてくるわけですが、育毛をおろそかにすると、同じ毛穴から3本生えていた毛髪が二本になり、一本になり、さらに進むと一つの毛穴から一本も生えてこなくなります。さらに育毛の手立てをしないでいると、毛穴が埋まってしまい、スコープ...