Q&A

生え際が硬い-頭皮マッサージの方法とは

 

マッサージ頭皮

 

生え際が薄くなってきた人をたくさん見てきましたが、総じて額から生え際の前頭部がかたく、張っています。

 

もちろん生え際の薄毛の全ての人が硬いわけではなく、柔らかい男性もいますし、女性の場合はそれほど頭皮が張っていません。

 

しかし、額から生え際、前頭部が張っている人は、頭皮と頭の骨の間にある毛細血管が押されるために血行不良を招きます。それが薄毛の薄毛の原因の一つとなる可能性も高いために、頭皮マッサージで柔らかくする必要があります。

 

頭皮マッサージの育毛効果

マッサージ生え際

頭皮マッサージで発毛の促進を促す方法は、頭皮の血行を良くして、発毛効果を図ることです。

 

発毛を目的とした頭皮マッサージでは、発毛効果のほかにもリラックス効果などがありますから
眠りに着く前や入浴後などに行うと良いでしょう。

 

頭皮マッサージでは、頭皮の緊張を取り除くことで発毛を促進していきます。

 

血行を良くするためには、頭皮のマッサージのほかにも首や肩周りなどのコリをほぐすことも血の巡りを良くすることにもつながりますが、ここでは生え際にフォーカスして説明します。

 

硬い生え際の頭皮マッサージの方法とは

生え際の頭皮マッサージ

シャンプー時や入浴後などの血行が良いという時に行うと効果的です。

 

生え際を揉捻するためには、両手で頭を包み込むようにして、眉間、眉毛、コメカミの部分から徐々に上に向かってゆっくり揉み解していきます。
なお、指の腹を使ってマッサージしますが、頭皮を掴むイメージが必要ですので、爪が当たらないように注意してください。爪が当たるようでしたら、切ったほうがいいでしょう。

 

マッサージ頭皮

 

コメカミの部分には動脈が流れていますので、特にゆっくりと揉み込みます。
眉間マッサージは、目の疲れをとるのと同時に頭部の血行をよくします。

 

頭皮を擦らないように、皮膚だけを動かすようにします。
内回しに回しながら、上に引き上げます。
6回まわしてから指で頭皮を掴むように押しながら2、3秒止めます。
それを生え際、前頭部まで移動しながら繰り返します。

 

生え際が柔らかくなるためにはコメカミ、眉間部から始めないといけません。
加齢と共に、顔が垂れてくるように額も下に引っ張ろうと常に働いています。
そのために前頭部が下に引っ張られることも硬くなる原因です。

 

生え際を柔らかくするためには、このように額の部分を集中的にする必要がありますが、やはりできたら全頭のマッサージもすると、より血行がよくなります。
一緒に肩のコリなどをほぐしておくのも良いでしょう。


 

生え際が硬い-頭皮マッサージの方法とは関連ページ

育毛剤は夜1回だけでも効きますか
育毛剤の効果が表われない原因の一つが、育毛剤の回数にあるのではないかと最近になって思うようになりました。育毛剤を塗布しても、その効果は、もって7時間と言われているからです。このことから、最低でも朝と寝る前の2回塗布する必要があります。
育毛剤は効果があるのか?
生え際から後退していく薄毛に育毛剤は効果があるのか?が気になります。効果は何らかの形で徐々に現れてきますが、右肩上がりで上がってくるものではなく、良い兆候の後には停滞時期がやってくるものなのです。