育毛剤 効果

育毛剤は効果があるのか?

 

日本人の場合は生え際から後退していくタイプが多いと言われています。
育毛剤を使う時には、やはりその効果が気になるところです。

 

そのために生え際に効果がある育毛剤が研究され、発売されています。
そして、さらに生え際に効果がある育毛剤は作られているのです。

 

自分に合った育毛剤を使うことで、普通は何らかの効果が徐々に現れてきますが、それには波があります。

 

時には、全く何の効果も見られないか、または抜け毛が増えているような時期が必ずやってきます。

 

ここで、この商品はダメだと決め付けてあきらめてしまう人が非常に多いのです。

 

育毛剤の効果について

育毛効果は右肩上がりで上がってくるものではなく、良い兆候の後には停滞時期がやってくるものなのです。
それを理解していただければ、それほど気持ちもゆらぐことなく、根気よく続けていくことができるはずです。

 

すると、停滞期の後にまた効果の出てくる時期がやってきます。

 

一般的に育毛剤を付けはじめて、すぐに抜け毛が減ったというような効果は表れますが、うぶ毛が生える、ボリュームが出てくるというような目立った効果は1,2カ月ではほとんどありません。

 

ですので、我慢して6ヶ月以上は使用するのです。
それでも効果が見られなければ、別の商品に変えてもいいでしょう。
それだけ効果の程度は人によって異なってくるのです。

 

育毛剤の併用で相乗効果

異なる効果を持つ育毛剤を併用することで、相乗効果が期待できます。

 

育毛剤は、目的別に四つのタイプに分類できます。

 

  • 男性ホルモンを抑制
  • 頭皮や毛根の血行促進
  • 頭皮や毛根の栄養補給
  • 頭皮の皮脂抑制と汚れや老廃物を除去

 

男性ホルモン抑制

これは、どちらかというと飲む育毛剤・サプリメントが主流で、プロペシア、フィンペシアが代表的なものです。

 

血行促進

栄養補給

皮脂抑制

 

なお、最近では育毛剤の効能を見ても分かりますが、これらどちらのタイプをも含む場合も多く、厳密な区分けは無くなってきつつあります。

 

また、北海道ミツイシコンブの抽出エキスM-034がミノキシジルと同等の効果があるとして注目されています。
最初に発売されたBUBKA(ブブカ)がネットランキング1位なるほどの人気になりました。

 

最近では、50種類もの育毛成分が配合され、ドクターも推奨しているチャップアップ(CHAPUP)もM-034が入っていて、ネットランキングでも上位に顔をだしてきました。

 

異なる効果を持つ育毛剤を併用することも有効と言われています。
複数使用する場合は、同じ効果を持つ育毛剤は使わないことです。

 

ただし、頭皮が健康でなくては、育毛剤は無駄になるだけですので、頭皮環境を第一に考えれば、効果は上がります。

 

育毛剤は効果があるのか?関連ページ

生え際が硬い-頭皮マッサージの方法とは
生え際、前頭部が張っている人は、それが薄毛の薄毛の原因の一つとなる可能性も高いために、頭皮マッサージで柔らかくする必要があります。頭皮マッサージでは、頭皮の緊張を取り除くことで発毛を促進していきます。
育毛剤は夜1回だけでも効きますか
育毛剤の効果が表われない原因の一つが、育毛剤の回数にあるのではないかと最近になって思うようになりました。育毛剤を塗布しても、その効果は、もって7時間と言われているからです。このことから、最低でも朝と寝る前の2回塗布する必要があります。