育毛剤 種類

育毛剤の種類と効果

 

育毛剤と一般的に言われているものには、実はいろいろな種類に分けることが出来ます。
それはそれぞれの効果を考えた時の分類です。

 

男性ホルモンの働きを抑制するもの

頭皮の血行を良くするもの

毛母細胞を活性化するもの

頭皮の痛みを改善するもの

体の発毛環境を整えるもの

 

大きく分けると上記のように分類されます。

 

それぞれの効果的なアプローチは違いますが、目指すゴール、生え際や頭頂部の薄毛回復や育毛促進ということは同じなのです。

 

もちろん、どんな育毛剤でも、一つの効果だけではなく、複数の効果が得られるような成分が多数含まれています。

 

いくつかの効果を詳しく見てみましょう。

 

男性ホルモンの働きを抑制

男性型脱毛症が男性ホルモンの働きによるものであることから考えられたものです。
男性ホルモンが脱毛症の原因となっている場合があるのです。

 

この男性ホルモンにも何種類かあり,毛髪の脱毛に関与しているのは,DHT(ジヒドロテストステロン)というものです。
ですから,サプリメントにしても育毛剤にしても,毛髪の毛穴の中でジヒドロテストステロンの生成を抑制する効能があるものを選ぶと良いでしょう。

 

現在、男性ホルモンを抑制するといわれているものは「ノコギリヤシ」「緑茶」「アロエ」「みかんの皮」などです。

 

詳しくは <<コチラ>>を見ていただければ分かると思いますが、テストステロンとDHTを比べると毛根を萎縮させる力はDHTのほうが10〜100倍もあると言われています。
そのことから5α-リダクターゼという酵素は抜け毛をケアする上で重要ポイントなのです。

 

 

矢印チャップアップとサプリ|ブブカ育毛剤とサプリ 

 

生え際をはじめとする育毛促進には5αリダクターゼの活性を抑え、テストステロンをDHTに変換させないことも重要なポイントの一つになります。
チャップアップやブブカはフコイダンと同じ褐藻類の粘質物に多く含まれている成分M-034を抽出し、商品化されました。抑制因子(FGF5S)生成、外毛根鞘の増殖促進、血行促進作用、保湿作用があり、注目されています。

 

頭皮の血行を良くするもの

育毛促進するためには頭皮の細胞が活性化されなければなりません。
毛母細胞に十分な栄養を供給するために血行をよくするわけです。

 

血圧降下剤であるミノキシジルがその副作用として発毛作用があったことからから、発毛剤として使用されるようになりました。

 

同じような効果として、塩化カルプロニウムと言う成分も発毛作用があると言われ、毛母細胞を活性化するものがあります。
これは血液を介して栄養を供給するのではなく、直接頭皮から成分を浸透させようと言うものです。

 

しかし、頭皮に塗るだけでは内部まではなかなか浸透しないため、実際にはほとんど洗い流されてしまう製品もあると言われています。
最近では有効な成分を毛根まで浸透させる技術が開発されてきました。

 

発毛育毛ミスト[M-1]
長い間、人気を続けている育毛剤。理美容室でも販売されています。
効果と即効性に絶対の自信を持つ「M-1」では、1ヶ月で満足のいかない方全員に全額返金システムを採用しています。
酵素研究40年の歴史から生まれた世界初「分子ピーリング」の育毛液が、頭皮の内外から分子レベルで働きかけ、より短期間で発毛を促進します。「M-1」は成分も100%完全無添加だから、肌の弱い方でも安心して使用できます。

 

矢印M-1育毛ミスト

 

 

毛母細胞を活性化するもの

毛母細胞は毛乳頭を包むように存在し、毛乳頭から髪の毛の生成に必要な栄養を受け取って、分裂増殖を繰り返すことにより髪の毛を作り出しています。
毛母細胞で分裂、増殖した細胞が、少しずつ皮膚に向かい、上に押し上げられることにより、新しい毛髪を生み出していきます。ですので、毛母細胞に栄養素が行き届かなくなること事により、抜け毛が増え、生え際、後頭部が薄くなってしまうのです。

 

矢印2育毛剤ポリピュア

 

ポリピュアの評価が高い理由は、独自の研究で発見した特許の「バイオポリリン酸」という成分が髪を作る毛乳頭にダイレクトに届いて発毛命令を出すことです。
薬用ポリピュアは、ポリリン酸の力で眠っていた毛乳頭を目覚めさせ、発毛を促進する新発想の育毛剤です。

 

既存の育毛剤の頭皮環境の改善というアプローチではなく、発毛命令をダイレクトに毛乳頭に届けることを目的に開発された新しい発想の育毛剤なのです。

 

毛母細胞を活性化するものについては、その他にもたくさんあります。また、チャップアップやプランテルといった最近人気の育毛剤にももちろん入っていて、特にM-034配合が増えてきました。

 

育毛剤の種類と効果関連ページ

育毛剤は誰にでも効く?
育毛剤は誰にでも効果があるわけではありません。体質や生え際、頭頂部の薄毛の状態による違いがあるからです。生え際の薄毛改善のためには、男性ホルモンの悪影響を軽減する育毛商品を使用することです。