育毛剤 効く

育毛剤は誰にでも効く?

 

育毛剤

 

髪にコシ・ハリが無くなった、細くなってきたと感じたときに誰もが育毛剤の使用を考えるでしょう。
一般に市販されている育毛剤は、頭皮の余分な皮脂を抑制するもの、毛乳頭や毛母細胞に栄養補給をし、頭皮の血行を促進する、もしくはこれらの効能を組み合わせたものです。最近は、脱毛生体分子「FGF-5」に着目した育毛剤も発売されています。

 

これらの育毛剤は誰にでも効くのでしょうか?
メーカーが言うところの効果は誰にでも当てはまるわけではありません。
なぜなら、育毛剤の効果は人によって違うからです。

 

そのため、どの育毛剤がよいのかということも人によって違ってくるのです。

 

育毛剤の効果が人によって違う理由

皮膚の防御機能や体の抵抗力など、人によって体質が違います。
生え際、頭頂部の状態・症状や薄毛の原因も人それぞれに違います。

 

ですので、体質にあった育毛製品や育毛法を選ばないと失敗します。
さらに自分に合わない育毛剤を使用する事によって、 症状が悪化してしまう場合もあります。

 

そのため、人気の育毛剤を使用したとしても、それが効く人と効かない人がいるのです。

 

例えばリアップですが、主成分のミノキシジルは、血管を拡張して血液の巡りを良くし、毛母細胞に栄養を行きわたらせるという成分です。
つまり、リアップは血管を拡張できますが、男性ホルモンの生え際に対する悪影響を少なくすることはできないのです。
ですので、生え際の薄毛改善のためには、男性ホルモンの悪影響を軽減する育毛商品を使用することにより可能というわけです。

 

また、雨上がり決死隊の宮迫 博之、蛍原徹などの吉本の芸人のテレビCMで話題のスカルプDシャンプーですが、実は大阪のW医師が監修のもと、シャンプーや育毛剤だけではなく、サプリメントを各々に調整して飲ませているそうです。
それでも効果がある人とない人があり、また改善されても、また悪化してしまうという人もいるのです。

 

体質や薄毛の状態、原因、薄くなってからの期間の長さなど、人それぞれ違いますので、自分にあった育毛剤の使用が重要なのです。

 

薄毛に悩んでいても、あきらめて自然のままにしていると薄毛は進行していきます。
ですので、育毛剤をいろいろ試してみることも価値があることと考えてください。

 

なお、いくら育毛剤を使っても、ヘアケアや正しい育毛剤のつけ方、マッサージ法ができていないと効き目も半減ですよ。

 

 

生え際・M字ハゲはなかなか髪の毛が生えずらいという場所です。

 

生え際マッサージ

確かに脱毛の原因や生え際、後頭部などの薄毛になる症状は人それぞれあるのですから、一つの育毛剤ですべてのハゲの症状が改善するということはなさそうなのです。

 

さらに日本での認可が下りていない薬剤なども多く、効果があるのかもしれないけれど、副作用などが怖くて使えないといった口コミも多くありますね。


 

育毛剤は誰にでも効く?関連ページ

育毛剤の種類と効果
育毛剤は効果による種類に分けることが出来ます。男性ホルモンの働きを抑制するもの、頭皮の血行を良くするもの、毛母細胞を活性化するもの、頭皮の痛みを改善するもの、体の発毛環境を整えるもの等です。