育毛剤 基礎知識

育毛剤基礎知識

 

ここでは、育毛剤を使うにあたっての基礎的な知識について解説します。
生え際の育毛を成功させるアイテムの一つである育毛剤・発毛剤は、多くの種類が発売されています。
それぞれが薄毛の原因に対抗する成分配合に特徴を持たせていますが、薄毛の原因が多岐に渡るために、現実的には全てに対抗する育毛剤はありません。

 

生え際の育毛が難しい理由は、U型の5α-リダクターゼとそれを受けるレセプターが多く存在するということもあります。
さらに後頭部から頭頂部へと流れる血管が、生え際・前頭部に行くほど細くなります。つまり、どうしても血行不良になりがちになるのです。
また、加齢とともに頭蓋骨が少しですが大きくなることで、頭皮が張って硬くなります。顔にたるみが出てくるということは頭皮も下にたるんでくることでも頭皮が張ってきます。特に額から生え際にかけては顕著に現れてきます。

 

こうしたことから、育毛剤の効能・効果が現れにくい部位でもあるのが生え際なのです。
最近は、頭皮ケアと積極的な育毛アプローチの両方を兼ね備え、さらに頭皮にダメージを与えるような刺激の強いものは配合されていない商品が増えてきました。

 

誰にでも効くというようなものはありませんので、基礎的な知識を学んで生え際の育毛の成功に導きましょう。

 

育毛剤基礎知識記事一覧

育毛剤と一般的に言われているものには、実はいろいろな種類に分けることが出来ます。それはそれぞれの効果を考えた時の分類です。男性ホルモンの働きを抑制するもの頭皮の血行を良くするもの毛母細胞を活性化するもの頭皮の痛みを改善するもの体の発毛環境を整えるもの大きく分けると上記のように分類されます。それぞれの効果的なアプローチは違いますが、目指すゴール、生え際や頭頂部の薄毛回復や育毛促進ということは同じなの...

髪にコシ・ハリが無くなった、細くなってきたと感じたときに誰もが育毛剤の使用を考えるでしょう。一般に市販されている育毛剤は、頭皮の余分な皮脂を抑制するもの、毛乳頭や毛母細胞に栄養補給をし、頭皮の血行を促進する、もしくはこれらの効能を組み合わせたものです。最近は、脱毛生体分子「FGF-5」に着目した育毛剤も発売されています。これらの育毛剤は誰にでも効くのでしょうか?メーカーが言うところの効果は誰にでも...